薬剤師の就職先

薬剤師 転職 > 薬剤師が転職を考えるMRの仕事とは

薬剤師が転職を考えるMRの仕事とは

薬剤師が転職を考える候補としてあげられるのが「MR」です。理由は年収が高いことになります。薬科大学を卒業してすぐに製薬会社に入社する方もいるようですが、収入の魅力がそれに繋がっていることも少なくありません。
病院薬剤師に強い求人サイトは?

MRは製薬会社で働く医薬情報担当者と呼ばれるもので、医療機関などへの営業が主な仕事です。 つまり、薬剤師としての夢が処方薬を調剤してということであれば、そのような仕事ではないということになります。

しかし、製薬会社は景気にも左右されにくいですし、それでいて年収が高い、入社して1年内でボーナスが50万円程度(製薬会社によります)いただけるということから、魅力があるのは確かなことです。

薬に直接触れて仕事をすることはできませんが、薬のに関しての問い合わせや相談も医師から直接来ますし、そのための適正使用や副作用についての情報を伝える仕事もしますので、やりがいは感じると言われています。

営業職だから年収も高くなるのでは?と思う方もいることでしょう。 これは事実かもしれません。 どれだけの医薬品を医療機関に使ってもらえるかによって年収に反映されてくると言われていますから。

そのため、入社できる倍率は50倍とも100倍とも言われていますが、売ることができなくて辞めていかれるが多いというのも事実です。 営業職は向き不向きがあるため、これはMRだけのことではありません。

MRの仕事には正社員になるケースと、派遣社員として働くケースがあるようです。 派遣社員の場合でも700万円程度頂いている方もいますので、正社員ならボーナスも含め1000万近くを頂いている方も多いかと思います。

MRとして転職をする前に考えていただきたいことは、「転勤も可能かどうか」「定時で仕事が終わらないケースがある」「土日出勤の可能性もある」ということです。 取引相手に合わさなければなりませんので、勤務時間を超えることだってありますし、土日に呼ばれる可能性だってあるということです。 それがクリアになれば、年収をあげたいという薬剤師としてMRは魅力的なお仕事といえるでしょう。


薬剤師の年収相場はどれくらいか

6年間も大学に通ったのだから、それなりの年収がいただけて当然。 そう思いたいものですが、薬剤師の年収相場は300万円からと言われています。 ちょっとがっかりですね?

しかし最低ラインが300万円ということであり、中には1000万円という方もいますので、かなりの幅があるのです。 勤続年数に応じてアップしていきますし、お勤め先によっても開きがあるということです。

薬剤師の年収で一番高いのが製薬会社だと言われています。 いわゆるMRという仕事です。 製薬会社に就職、あるいは転職した場合、薬剤師資格を持ちながら調剤に携わることがありません。営業職のような感じになってしまいます。

中には1000万円を超える年収の方もいるようですが、その多くは転勤を余儀なくされ、ハードに動かれている方の場合です。 ですので、MRといってもそこでも年収の開きが出てきます。 ちなみに製薬会社の場合450万円からと他の薬剤師の年収よりも高くなっています。

若いころならMRとしてバリバリ働けたとしても、家庭を持つようになると、年収は低くなりますがドラッグストアや調剤薬局に転職される方も増えてきます。 安定した収入が得られるからです。

ドラッグストアや調剤薬局の場合、年収は400万円程度から750万円程度。 病院の薬局勤務の場合は400万円から650万程度となっています。 病院勤務の場合夜勤や当直がある可能性があるため、転職先としてドラッグストアや調剤薬局を選ぶ方が多いのは納得できることです。

ただ、派遣社員となるケースも有り、福利厚生面を考えた場合、病院での正規職員として働いたほうが安心ということもあります。 派遣社員の場合、契約期間が切れた時は不安ですし、正規職員なら収入はより安定してきます。

ドラッグストアに転職した際、最初の年収は300万円程度だとしても、店長クラスになることで年収は上がっていきます。 調剤薬局でも同じような感じとなります。 年収の相場は全国ほぼ均一だそうですが、それは薬剤師不足だからです。 ニーズに対してのなり手が少ないということで、田舎に行くほうが年収がアップするケースも少なくありません。